教育・研修制度

研修は、社員全員が必ず受ける必修研修と、随時対象となる社員が受ける職場推薦者研修とがあります。また、自己啓発のために自由に受講できる社内外の講座が準備されています。

研修制度

必修研修

新入社員研修
(研修対象:定期新卒新入社員)
基本的な会社の規律を身につけ、社会人・企業人としての意識をもつ。経営理念、社内実務の基本、職場の人間関係やチームワークについて理解する。
新入社員フォローアップ研修
(研修対象:新入社員 - 配属後の半年から1年)
企業活動の仕組みと目的を再認識し、社会人・企業人としての自覚を新たにする。また仕事に対する姿勢、取り組み方、職場での役割、自己啓発・自己管理の必要性などについて確認する。
2年目社員フォローアップ研修
(研修対象:入社2年目)
入社2年目で組織や仕事に慣れてきた時期に、改めて現状を振り返ることにより、自身の成長を認識するとともに、さらなる成長目標を設定し、より主体的な業務遂行の動機付けを行う。
3年目社員フォローアップ研修
(研修対象:研修生 - 入社3年目)
会社の目的と社会への貢献を理解する。問題に対しての姿勢、解決手法を習得する。また時間管理の重要性、やりとげる力、環境変化への対応、信頼される人間関係について確認する。
4級職昇級者研修
(研修対象:4級職昇級者)
中堅社員としてのリーダーシップを理解し部下・後輩を通じて、問題解決、組織の活性化への貢献について考え、更に今後の人生設計にむけてキャリアの棚卸と設計をする。

職場推薦者研修

OJTリーダー研修
(研修対象:入社2、3年目以降の対象者)
職場内で業務運営が円滑に推進されるための、中堅および職場リーダーとして求められる能力(ビジネスコーチングスキル)の向上を図る。
マネジメント研修
(研修対象:管理・監督職者)
管理者が管理の仕方の原則を再認識し、部下の育成、信頼関係の形成、態度形成の為の話し合いを通じて組織変更の刷新をはかる。特に管理者として、部下個々が持っている能力を引き出す際の阻害要因と取り除く努力を討議形式ではかる。
人事考課者訓練研修
(研修対象:新任管理・監督者)
職場での人事考課の実践に備え、社内の人事考課制度を理解した上で、考課の納得性を高めるスキル、考課のフィードバックスキルを習得する。
AIA研修
(研修対象:全社員)
自己の気付かない優れた能力の目覚めを通して、一人ひとりが人生を力強く、ストレスを乗り越えて生き抜く力を得る。自分のすばらしい部分に目を向け、環境に左右されない強い意志をもって人生そのもの、仕事を成功へ導く基本を理解する。
英語 Beginner
(研修対象:英語が業務で必要な者)
事前TOEICスコア400未満を対象
英語 Basic
(研修対象:英語が業務で必要な者)
事前TOEICスコア400~500前後を対象
英語 Intermediate
(研修対象:英語が業務で必要な者)
事前TOEICスコア500~600前後を対象
英語 Business Writing
(研修対象:英語が業務で必要な者)
事前TOEICスコア600以上を対象
中国語 初級
(研修対象:中国語が業務で必要な者)
中国語検定準4級相当以上の資格所持者を対象

自己啓発講座

電気・電子系講座

電気系基礎技術講座
電流・電圧・抵抗といったような電気の基礎から、電子回路や半導体の基礎部分について学習します。

語学系講座

英語 入門クラス
英語を初歩からはじめたい方を対象
英語 初級クラス
日常会話など、英会話に慣れたい人を対象
英語 中級クラス
より広く、分かりやすい表現を学びたい人を対象
英語 上級クラス
日常会話よりも、ビジネス向け英語を学びたい人を対象
中国語 初級Ⅰ
ピンインから始め、簡単で短いフレーズの会話と、平易な文章の理解を目指します。
中国語 初級Ⅱ
日本中国語検定協会の準4級レベルを所有する方を対象に、日常生活を想定した会話ができることを目指します。
中国語 中級
日本中国語検定協会の4級レベルを所有する方を対象に、一般的な会話や基本的な文章の読み書きに加え、リスニング能力を高めることを目指します

社外講座

通信教育講座
自己能力開発のためのさまざまな通信教育講座があります。
社外講座
高度ポリテクセンター等での講座を紹介しています。
放送大学講座
放送大学の開講している科目の中には職業上の知識を得るのに役立つものがたくさんあります。そして、放送大学のフレキシブルな学習システムは、働きながら学ぶのに最適です。

▲ 先頭にもどる