社員インタビュー

新井 智博 2014年入社 電子機器部門 商品開発・設計 - 任される仕事の範囲が広く、ものづくりを広い視野で見られるということ -

Q1:自己紹介をお願いします

電子機器部門 商品開発・設計担当の新井智博です。
主な業務内容は、サーボモータの企画と開発、設計です。私は主にサーボモータの機構設計を行っています。
サーボモータとは、与えた信号に追従して動くモータの事で、ラジコンのステアリングやロボットの関節などに使われています。

Q2:職場の雰囲気は?

仲の良い雰囲気の職場です。ホビー用ラジコンを扱っていることもあってか、ラジコンだけではなくロボットや自転車など趣味に力を入れている人がいるため、休憩時間にわいわいと趣味の話題で盛り上がることもあります。上司は厳しい時は厳しく、やさしい時にはやさしいです。

Q3:仕事のやりがい・醍醐味は?

自分で設計し図面を起こしたものが、実際に組みあがり、それが思った通りに動いているのを見た時に面白さを感じます。ホビー用のラジコンやロボットなどの部品も作っているので、お客様が実際に使ってくださる様子を間近で見る機会も多く、使ってもらっていると実感できるのが嬉しいです。

Q4:仕事を進める上での困難やその克服法は?

一番困難だったのは、入社半年くらいで製品の一部の設計を任されたことでした。初めての加工方法など分からないことも多く、調べたり人に聞いたりしながら仕事を進めていきました。組立工程では製造ラインに立ち会い、作業員の意見を聞くことで、改良すべき点は改良していくように心がけました。製品の機能や性能を上げていくだけではなく、加工方法やコスト、ミスの少ない組立手順などを考えた設計を行うのが大変でした。

Q5:仕事に取り組む姿勢は?

私は技術系の仕事なので、世の中の様々な技術を積極的に取り入れていくという姿勢が大事だと思っています。例えば、様々な展示会に足を運んで様々な企業の製品を見て、より良いものを見つけたら調査し、新しい開発に繋げられるよう意識しています。

Q6:Futabaの魅力は?

私が技術職の仕事を探していたとき、多くの会社では開発業務が細分化されていると聞いていたため、製品のごく一部しか関われないのは残念に思っていました。ところが双葉では、企画や開発から量産直前くらいまで技術者が関わるという話を聞いたため、ものづくりを広い視野で見られるというところに魅力を感じました。
実際に入社したあとも、製品開発に幅広く関わっています。任される仕事の範囲が広いので、その中である程度自分のやりたい方向に仕事ができることが良いと思っています。

Q7:Futabaで誇りに思っているところは?

ラジコンやロボットの世界では、双葉の製品は「扱いやすい」「安心できる」と評価されることが多く、そうした理由で選んでくれるお客様がたくさんいらっしゃいます。良いものを提供し続けていることに誇りを感じています。

Q8:Futabaがグローバルだなと感じるところは?

様々な製品で海外への展開をしているところです。例えばホビー用ラジコン部品は世界中に販売していますし、産業用無線機器も海外で使われています。それぞれの国や地域で異なる産業があり、それぞれ求められるものが変わります。そのため、新たな可能性に挑戦する機会は多いと思っています。

Q9:就職のときFutabaを選んだポイントは?実際に入社したら?

学生の時に参加した「かわさきロボット競技大会」というバトルロボットの大会のスポンサーとして双葉を知りました。製品が扱いやすくサポートが良かったので、当時から双葉に対して良いイメージを持っていました。また、同じ大会に参加している先輩社員がいたため、詳しい話を聞くことができました。
双葉に決めるポイントとなったのは就活の際に双葉の説明会に参加し、開発職が企画段階から量産くらいまで関わると聞いたことです。実際に入社すると、本当に幅広く仕事をすることができ、双葉を選んで良かったなと思っています。

Q10:オフの過ごし方は?

休みの日は趣味でロボットを作っています。仕事で扱ったサーボモータを購入してロボットを作ることもあります。発案、設計から部品選定、加工、組立までやっているので仕事と似たようなことをやっていますが、好き勝手できるのが楽しみの一つです。
学生の時から「かわさきロボット競技大会」に参加し続けていて、毎年夏には大会会場でロボットを動かしています。

かわさきロボット競技大会にて

Q11:Futabaの課題は?

世界的にいわゆる“安物ブランド”といわれる製品の品質が上がり、用途次第では十分使えるようになってきました。同じレベルで製品を作っていても勝ち目はないので、より高いレベルの製品を作り続けることが必要だと思います。双葉も技術を磨き続け、より高いレベルの製品を作っていかなければならないと思います。

Q12:就活中のあなたにメッセージ

就活セミナーだけではなく、気になる業種の展示会にも参加してみてください。展示されている製品を見て、社員から直接話を聞くことで社内の雰囲気を感じることができるかもしれません。双葉も様々な展示会に出展していますので、ぜひお越しいただき、自分の目で見てもらいたいと思っています。


社員インタビュー一覧に戻る

▲ 先頭にもどる