社員インタビュー

勝谷 祐太 2012年入社 電子部品部門 生産技術 - どんな仕事に対しても興味関心を持って取り組む姿勢が大切 -

Q1:自己紹介をお願いします

勝谷祐太です。電子部品部門の生産技術業務を担当しております。生産技術部とは、製品を効率良く作るための生産体制を考案する部門であり、その中で私は、タッチパネルの機能検査ソフトや有機ELの光量測定ソフト、製品を自動で組み立てる制御ソフトなどの作成を担当しています。

Q2:職場の雰囲気は?

私の実感ですが、他の部署と比べても人財が多彩だと思っています。例えば、優しいお父さんというような雰囲気を持った人もいますし、職人気質で厳しい人もいます。皆すごく仕事の精度が高くて、プライドを持って仕事をしている人が多い印象です。

Q3:仕事のやりがい・醍醐味は?

生産技術という仕事では、自分の作ったものが製品という形で世に出ることはあまりありません。ただ、製品をいかに速く精度よく大量に作っていけるかということを突き詰めていく作業は、非常に深い世界であり、製品開発とはまた違う生みの苦しみを伴うものなのです。私はそこにやりがいを感じています。

Q4:仕事を進める上での困難やその克服法は?

いくつかありますが、ひとつ挙げるとすれば、ソフトを設計していく上で依頼元の要求とこちらがベストだと思う方法の折り合いがつかない場合があり、そこに難しさを感じています。そうしたときは、依頼元の要求に沿った形で私たちの提案内容をできるだけ盛り込んでいけるように様々な提案をしています。

Q5:仕事に取り組む姿勢は?

能力が必要であることはもちろんですが、自分の仕事に興味・好奇心を持つことが求められていると思っています。好きな仕事で成果を上げられればそれがベストですが、会社に入った以上は、仕事を選り好みするわけにはいきません。仕事の価値というのは個人の好き嫌いとは別のものであるため、どんな仕事に対しても、興味関心を持って取り組む姿勢が大切だと感じています。

Q6:Futabaの魅力は?

社員の能力を伸ばすために援助を惜しまないところが魅力だと感じています。社員の教育にはどうしてもお金がかかるものですが、双葉は業績があまり良くない時でも教育にお金を惜しまないので、誇りに思っています。

Q7:Futabaがグローバルだなと感じるところは?

国内で限られたパイを取り合っていても根本の改善にはならないと思っていますので、積極的なグローバル展開には賛成です。問題は、いかに良いものを作り、発信していくのかというところですね。当社の事業領域では、完全な新規製品や新技術を出していくことは難しい状況なのですが、そんな中でも双葉独自のアイデアを盛り込んだ製品を開発し、双葉の技術力や発想力を広めていくことで、よりグローバルな展開が望めると思います。

Q8:就職のときFutabaを選んだポイントは?実際に入社したら?

地元が千葉県なので、どうしても千葉県内で仕事がしたいという気持ちが第一にありました。県内の企業の中でも双葉は非常に地域貢献活動が盛んで、地域住民の評判も高かったことが決め手となってこの会社を選びました。

Q9:オフの過ごし方は?

音楽が好きで、休日は楽器の演奏とか楽曲制作の真似事みたいなことをやっています。
音楽は仕事とはまったくかけ離れた趣味なので、頭を一気に切りかえてリフレッシュできるのがいいですね。

Q10:Futabaの課題は?

課題は大小たくさんあると思いますが、一つは、やはり部署間での問題意識の共有をもっと活発にした方がよいのではないかと感じております。例えばある問題があって、関係部署毎に問題の捉え方が違っているときには、両方の部署の問題意識を組み合わせて改善策を出すようにすれば、より早く解決できるはずなのです。
部署間の繋がりを強くしていけば、双葉はもっと飛躍できるチャンスがあると考えています。

Q11:就活中のあなたにメッセージ

仕事の能力は後からでもつけていけるものですが、仕事内容を好きになれる、興味を持てるというのは一種の才能だと思うので、それが大事かなと思います。当社の業務内容に何かピンと来たものがあれば、きっと忙しくも楽しく仕事をしていけると思います。 ぜひ説明会などに参加し、双葉の幅広い業務内容に触れてみてください。


社員インタビュー一覧に戻る

▲ 先頭にもどる