社員インタビュー

生産器材部門 生産技術 西川 広基 2008年入社

Q1:どのようなお仕事をしていますか?

生産技術の主な仕事は、製造ラインの立ち上げや、既存の設備のメンテナンス、また、製造工程を改善することです。新しい工具の導入検討や加工技術を設計するのも生産技術の仕事です。

Q2:職場はどのような雰囲気でしょうか?

仕事のプロセスは自分で自由につくる

いつまでに何をするという目標は与えられるのですが、仕事のプロセスに関しては自分で自由につくることができます。
また、自分がやるよりも誰かに頼んだ方が早い、効率が良いと自分で判断すれば、そういうプロセスも判断して選ぶこともできます。人にお願いしたり、困った時に同僚や先輩に意見を聞いて回ったりしやすい雰囲気があると思います。

Q3:仕事のやりがい・醍醐味はどのようなところですか?

「担当分野」ではなく「担当製品」の全体をみる

メーカーによっては、技術の担当は機械の一部分だけの設計や開発を専門的に行うことが多いと思うのですが、双葉電子では機械を1台そっくり任されます。 それだけに仕事のやりがいも大きいです。
専門的な担当分野を持つのではなくて、担当製品の全体をみていきます。技術でありながら広い視点で仕事ができる。そのような会社の規模というのは双葉電子ならではだと思います。

Q4:仕事に対してはどのような姿勢が求められるのでしょうか?

人の意見を取り入れて、新しいアイディアにつなげる

製品の素材が変わると、生産ラインの加工技術も変えなければなりません。それを試行錯誤して適切な製造ラインを立ち上げるのには苦労が伴います。ダメだったときにあきらめないという姿勢が必要です。粘り強く考え続け、他の方の意見を取り入れて、それを新しいアイディアにつなげていく姿勢も大切だと思います。

Q5:双葉電子工業の魅力はどのようなところでしょうか?

社員が成長できる恵まれた環境

社員が成長できる恵まれた環境だと思います。私は研修期間が2年と長かったのですが、双葉電子は社員の知識やスキルを上げるためにそれだけの期間を与えてくれる会社です。現在ではその研修時の経験がダイレクトに仕事に活かされているので、ありがたいと思います。

Q6:ご自身はなぜ双葉電子工業を選んだのでしょうか?

社員を大切にする会社だから居心地が良い

実は私は、父から双葉電子を勧められていたんです。父からは「社員に対して優しい会社」と聞いていました。
実際に入社してから、社員を大切にする会社だから居心地が良いのだと実感しました。また、茂原の緑の多い環境も魅力でした。都心での生活は息苦しいこともあるかもしれないですが、ここはゆったりしていて住みやすい土地だと思います。社風と環境、その二つで私は双葉電子を選びました。

Q7:就職活動中の学生の方々にメッセージをお願いします。

モノづくりをやりたい人にとっては最適な場所だと思います。自分で機械を操作してモノを作ることもできますし、製造ラインの仕組みに携わることもできます。蛍光表示管、金型、ラジコン、ロボットと双葉電子であれば技術系の方の活躍の場は広がっていると思います。


社員インタビュー一覧に戻る

▲ 先頭にもどる