Futaba

ENTRY

スケールの大きな事業に関わるやりがい。
頼れるオールマイティな人材を目指して

Y.O.

中途

2019年入社
経理/業務管理本部

国際税務が経験できるのは
世界中に拠点がある会社ならではの魅力

入社前から、春に工場の近くに足を運ぶ機会があり、一面に桜が咲き誇る様子を見事だと思っていました。商学部を卒業し、会計事務所を経て、双葉電子工業に入社。現在は主に税務を担当し、海外子会社の移転に伴う手続きや連結決算、内部統制などを実施しています。複雑な国際税務の経験を積めるのは、世界中に拠点がある大きな会社ならではの魅力。最近では、新収益基準への対応も進めています。双葉電子工業では多くの種類の生産器材を扱っており、それぞれの製品の特徴や、お客様への提供方法などを理解していなければ、適切な対応ができません。他部署とのやりとりを通じて、生産現場に欠かせない存在である自社製品への理解を深められることも、大きなやりがいにつながっています。入社2年目になり、普段は少し離れた場所で働いている技術者の中にも、私を知ってくれている人が増えました。社員全員に、経理に関する質問を気軽にしてもらえるよう、積極的に関係づくりをしていきたいですね。

staff写真1

焦らず、着実に知識を積み上げ、
いずれは、経営戦略にも携わりたい

福利厚生が充実していることも、入社を決めた理由のひとつです。個人的によく活用しているのはフレックス制度。出社前に済ませたい用事があるときに、時差出勤を選択できるので助かっています。また、社員の健康管理に注力していて、予防接種の補助が出るのも良いですね。歴史ある会社なので、社員の年齢層は幅広いですが、上司と部下、先輩と後輩の関係はとてもフラット。どの部署に足を運んでも、皆さん、和やかな雰囲気の中で働いており、あたたかい社風を実感しています。今後の目標は、経理に関わるすべての業務を手掛けられる人材になること。いずれは経営戦略にも携わりたいと考えています。経理に向いているのは、基本的な業務を毎日コツコツとこなせる人。焦らず、着実に知識を積み上げていくことが大切です。製造業に興味のある人ならば、より楽しく仕事ができるのではないでしょうか。私が所属している経理課には若手が多いので、みんなで切磋琢磨しながら成長していけたら嬉しいです。

ONEDAY

ある1日のスケジュール

8:00
出社
9:00
各部署、関係子会社へのメール対応
10:00
社内ミーティング
11:30
昼休憩
15:00
監査法人と打ち合わせ
17:00
決算対応 資料作成
19:00
退社(決算期は繁忙のため)

プライベートの過ごし方

土日は、基本的に家族とショッピングに行ったり、子どもと近隣の公園で遊びながら運動したり、親族が多いことから家々でゲームをしたりして過ごしています。ここ最近は、コロナ禍の影響で外出できていませんが、動物園や水族館等のレジャー施設に連れていき、子ども達にいろいろな経験をさせられるようにしています。また、地区や学校等の活動に参加し、積極的に草刈りなどを行っています。