社員インタビュー

電子部品部門 商品開発・設計 菅野 陽介 2007年入社

Q1:どのようなお仕事をしていますか?

車のクロック表示やPOSの金額表示部に使われるVFD(蛍光表示管)の材料開発の部隊にいます。他メーカーとのやりとりでチューニングを行い、材料をカスタマイズし作製していく仕事です。

Q2:お仕事のやりがい・醍醐味はどのようなところですか?

やる気とアイデアさえあればチャレンジできる

若くして製品の企画から試作まで全てに携わることが出来るところだと思います。目標に対する進め方、実験計画、スケジュール管理等、個人に任せられる部分が多く、やる気とアイデアさえあればいろいろなことにチャレンジできる環境だと思います。

Q3:仕事に対してはどのような姿勢が求められるのでしょうか?

自分のステップアップのために会社を使う

創業者の言葉に「会社は社員を使わない、社員が会社を使う」というのがあるのですが、自分のステップアップのために会社を使おうというくらいの気持ちで率先して動ける人材が求められていると思います。自ら展示会、講習会などに参加したり、社内の先輩へのヒアリングや過去の蓄積したデータから新しい理論や道筋を決めるなど、積極的な行動が必須です。

Q4:双葉電子工業の魅力はどのようなところでしょうか?

我々が作るディスプレイは、スーパーのPOSや車のメーターなどいたるところに使われていますので、それらを目にすると仕事のやりがいを感じます。部品メーカーでありながら最終製品になった時、実際に使っていただいているのが見えるというのが魅力だと思います。

Q5:双葉電子工業のここを誇りに思うというところはありますか?

茂原七夕祭りでは、毎年茂原阿波踊りに双葉電子として参加し、地元地域住民から大変好評をいただいています。モノづくりを通しての社会貢献だけでなく、地域密着で地元の方々から慕われているところを誇りに思います。

Q6:ご自身はなぜ双葉電子工業を選ばれたのでしょうか?

独自技術は発展の大切な条件

真空管や自発光といった独自性のある技術を持っているというのが強みであると感じました。今後会社が発展する上で独自の技術は大切な条件だと感じていました。

Q7:日本産業界全体に元気がないと思いますが、どう感じていますか?

独自技術で新たな付加価値を生む

当社にとっても電子部品事業でいえば、蛍光表示管の市場が減少傾向にはありますが、それに代わる新製品として有機ELディスプレイやタッチパネルといったものの量産が始まっています。今まで培った独自の真空管、薄膜といった技術を活かして、これらの新製品をさらなる付加価値のあるものに発展させていこうと日々研究を行っています。今我々は今後の新たな主力製品を生み出そうとしている段階だと考えています。

Q8:就職活動中の学生の方々にメッセージをお願いします。

双葉電子は、入社してすぐに第一線で仕事ができる、やりがいのある場所だと思います。
ご自身をこのフィールドで成長させたいという方、是非来てください。


社員インタビュー一覧に戻る

▲ 先頭にもどる