社員インタビュー

生産器材部門 営業企画 鈴木 将典 2005年入社

Q1:どのようなお仕事をしていますか?

主に神奈川県、静岡県、東京都の大手企業様の営業を担当しています。
当社の金型用部品を使って、生産ラインのトータルソリューションを提供しています。お客様のお困りの部分を聞き出して、それに対して当社の製品を使ってどう改善をできるかを提案します。既存顧客への対応はもちろん、新規顧客開拓も常に求められています。

Q2:職場はどのような雰囲気でしょうか?

先輩達が優しく、困っていれば助けてくれる雰囲気があります。
また、双葉電子をこのように変えていくんだ!という熱意を先輩方から感じて学んでいます。

Q3:お仕事のやりがい・醍醐味はどのようなところですか?

世界を変えるかもしれない技術に、世に出る前から携わる

常に名だたる企業の最新技術に携わることができるところに魅力を感じています。スマートフォン、電気自動車、カメラなど、ありとあらゆるところで自社の金型用部品で作られた製品を目にする機会があります。世界を変えるかもしれない技術に、世に出る前から携わることに非常にやりがいを感じています。

Q4:双葉電子工業の魅力はどのようなところでしょうか?

常にモノづくりの最前線に立つことができる場所

もともと私は機械が好きで、モノづくりの上流工程に関わりたいと思っていました。双葉電子は常にモノづくりの最前線に立つことができる場所ですし、金型用部品・表示管・無線という3つの領域で確固たるブランドを築きあげています。それが魅力だと思います。

Q5:双葉電子工業は業務用製品が主なので、あまり一般の方々には名前が知られていないと思われますが、どう感じていますか?

部品メーカーとして業界に標準を作れるのが強み

双葉電子の名前は表に出ることは非常に少ないですが、それでも部品メーカーとして業界に標準を作っていけるというところが強みであり、魅力のひとつであると感じています。今後、成長産業の中で、世界的な標準を作っていくということが当社のやるべきことだと感じています。


社員インタビュー一覧に戻る

▲ 先頭にもどる