求める人財像

双葉電子工業にとって、1番大切なのは「人」。
社員の成長があってこそ、私たちの会社は成長します。どんな人財を求め、社員にどんな活躍をしてほしいと思っているのか。双葉電子工業はこのように考えています。

1.自ら考え挑戦することの出来る人

「あっ、今お客様はこういう製品を求めているな」「あっ、今世の中はこんな技術を求めているな」。
あなたも社会人になれば、仕事をするなかでこのような気づきを得ることがあると思います。
そんなひらめきやアイデアをムダにせず、ぜひカタチにしてほしい。上司や先輩、同僚など、会社にいる仲間のチカラを借りながら、時代と顧客が求めるサービスを自ら創り出す。そんな主体的な活躍をしてほしいと思っています。
言われたことだけやる仕事では、きっと物足りない。自ら目標を設定し、それをクリアするためにはどうすればよいか、行動プランまで自分で考えて挑戦 していく。人に動かされる「駒感覚」ではなく、周囲を巻き込んで自ら動く「指し手の感覚」で、仕事をして貰いたいと願っています。
技術職であれ、営業職で あれ、総合職であれ、双葉電子工業はそんな問題解決型の仕事ができる会社です。

2.夢の実現に向かって自己を磨き成長できる人

「自分たちの職場を活用して、自分たちの仕事をする」「仕事は、自由闊達な自己実現の場である」という創業者の思いは、今も受け継がれています。
会社というフィールドで自らの夢を描き能力を伸ばし、成功体験をたくさん積んでほしい。
入社後任される仕事の範囲は広く、たとえば研究開発職なら、製品の企画から試作までトータルに携わることができ、お客様と直接会う機会も数多く持てます。
「こんな仕事をしたい」「そのためにこんなスキルを身に付けたい」という思いがあれば、教育研修制度を積極的に活用するなど自ら行動を起こせる。
双葉電子工業は、そんな成長意欲の高い社員に応える会社です。

3.人の意見を聴き、協調性、思いやりを持って行動できる人

自分の意見をきちんと述べ、相手の意見も聴き入れられるコミュニケーション力の高い人財。
真心や、思いやり、人と人との繋がりを大切にし、明るく協調性を持って事に当たれる人財。
豊かなコミュニケーションで、お互いを理解し合い、信頼関係を築き上げ、切磋琢磨していくことが出来る人財。

▲ 先頭にもどる