Futaba

ENTRY

ドローン
WHAT is FUTABA

双葉電子工業とは?

双葉電子工業の誕生は戦後間もない1948年、
ラジオ受信用の真空管メーカーとして産声をあげました。

ラジオ製造に欠かせない技術を有し、日本経済と共に事業を拡大。
その技術は現在、国内外の車メーカーへ導入されているディスプレイなど様々なものに形を変え、世界シェアトップクラスの地位を確立しています。

国内にとどまらず海外拠点を持つほどに発展した双葉電子、半世紀以上にわたる歴史と伝統が私たちの武器であり誇りです。

  • 創業
    0
  • 売上高
    0億円
    ※2020年3月期、連結実績
  • 従業員数
    0
    ※2020年3月21日現在(単独では1,067名)
国内シェア率
0%以上

「ラジコンのFutaba」という異名を持つFutaba。ホビーラジコンのプロポでは世界No.1を誇ります。近年は蓄積されてきた無線技術を活かして、ドローンという次世代の事業を展開しています。

車載用タッチパネル
シェア率1
(※車載かつ静電容量方式で国内トップシェア)

高輝度、長寿命を実現している有機ELディスプレイ・タッチパネルは、主に車載用途で普及しています。薄型で曲げられるフィルムタイプディスプレイは、小型ウェアラブル端末に使用されています。

0
金型用器材を規格化

モノの大量生産には金型が欠かせません。金型を構成する「金型用器材」で規格化の実績があるFutabaは、金型内計測システムや搬送装置などの周辺機器も提供し、モノづくりを多方面から支えています。高品質のハード製品を中心に、IoTモニタリングシステムをはじめとするソフト・サービスの分野へ進出しています。

海外拠点

環境保全対策に伴う経済効果

2億1,810万円

※グループ全体

0 %

廃棄物の再資源化率

温室効果ガス排出量

MISSION

双葉電子工業の使命

  • 例えば
    車載用の有機ELディスプレイ
  • 例えば
    一般家庭用製品に加え車載用タッチパネル
  • 例えば
    体調管理をするリストバンド型スマートウォッチのディスプレイ

そして、Futabaの主力事業として手掛けて
いるのが産業用製品。

私たちの製品は、あらゆる製造現場を支え、
生活を豊かにするモノづくりに
欠かせない存在です。

Futabaの技術は、
産業界の発展の一助となり
社会を支えています。